キャッシング申込み ナビ

キャッシングの借り入れ審査

最近は、キャッシング借り入れ審査をインターネットのサイトから申し込むことができるようになりました。数分で、審査してもらえますが、ダメな場合はメールで不合格が通知されますので、すぐに分かるのですが、合格の場合でも、それで借り入れ審査が通過したわけではなく、電話で、色々と質問され、最終的に合否が決まります。ネットだけで完結するわけではないのです。

キャッシングを申し込む時、どのような審査基準が設けられているのかは誰しもが気になるでしょう。簡単にお金を借り入れすることができると宣伝しているキャッシングでも、借り入れ審査は避けて通れません。

借り入れ審査に絶対に通らない人とは、過去に延滞の前歴があり信用情報会社に記録されている人や、現時点で複数のキャッシングを利用している人ですが、それ以外はある程度は大丈夫です。

ただし、電話料金や公共料金の延納履歴のある人なども、審査に通りにくいことがあるようです。公共料金の返済を滞らせたことがある場合、返済能力が乏しいと見なされることもあります。主婦の場合、本人が無職でも配偶者に一定所得があれば借り入れ審査は通ります。

キャッシング審査
はどこも大体は同じですが、細部は各会社によって違っています。同一条件で申し込みを行っても、A社からは断られたのに、B社の審査は問題なく通ることがあります。両社の審査基準が少しずつ異なるからです。もし一社に断られても、諦めずに何件かに借り入れ審査を申し込めば、意外と簡単にキャッシング可能になることもあるでしょう。

一般的には、審査時に電話などで在籍確認が行われます。とはいえ、キャッシング会社の中では在籍確認を行っていないところもあります。契約書の添付書類も会社ごとに異なり、顔写真のついていない保険証でも認められるところがあれば、顔写真つきの免許証かクレジットカードの写しを求められるところもあるようです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦や学生のキャッシング

消費者金融は、元々はサラリーマン金融といい、会社勤めで、定期的な収入が確保されているサラリーマンのみを対象に貸し付けていました。しかし、最近では主婦や学生でも簡単にキャッシングが利用できるようになりました。女性や学生をターゲットにしたキャッシング商品も数多くありますが、何年か前までは、正社員でなければ融資を受けることはできませんでした。

例えば、専業主婦でも世帯主の源泉徴収書などで収入が証明できれば、キャッシング審査を問題なく通過することができるのです。女性専用ローンとして、レディスローンという商品もあり、これは女性全般が対象となります。利用する場合は、複数社の条件を比較し、低金利のところを利用したいものです。

女性向け、学生向けのキャッシングは金利が高くなりがちなので、よく調べましょう。電話や店頭でキャッシングを申し込む場合、主婦でも利用可能か確認してみましょう。疑問に思ったことは何でも聞けば対応してくれる人が必要書類や記入項目を丁寧に教えてくれますので、キャッシングの申し込みは簡単なはずです。返済の意思があり、定期的な収入がある人なら、審査段階で無闇に断られることはないはずです。

最近は学生向けのキャッシング商品も出ており、20歳以上の学生を対象とした学生キャッシングもあります。借入金は社会人になってから返済し、学生の時は金利だけの返済が認められているという仕組みを採用しているところもあります。学生専用キャッシングの返済スタイルは、学生が月々に可能な金額で返済できるよう、少なめになっているようです。学生の場合は、国民健康保険や学生証を申し込み手続きの書類に用います。

学生の場合は、収入が多くないわけですから、どうしてもお金が必要になった場合は、学生キャッシングを利用せず、まずは、親や親戚に借金するのが一番賢明な方法です。遊ぶお金ほしさに、学生キャッシングを受けるのは、言わずもがなです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単に借りられるキャッシング

最近、電車に乗ると、壁の広告に驚きます。ほとんどの広告が、消費者金融のキャッシング関連の広告で、アルバイト学生や主婦でも借りられる、と謳っています。少し、氾濫しすぎている感じがします。しかも、堂々と、子供が見る環境の中で掲示されているのは、恥ずかしい話です。お金は借りるものではなく、稼ぐもの、そして貯めるものです。子供への教育的な観点から、公共の場でのキャッシング広告は控えて欲しいものです。

さて、キャッシングという単語は元来、金銭を借りることを指し示す名称でした。最近では、キャッシングとは消費者金融会社ローン会社からの融資を指しているようです。初めてキャッシングを使う人にとって、消費者金融などからお金を借りることはとても敷居の高い行為と感じられるかもしれません。とはいえ実際に借りてみれば、アッサリとできてしまうことに驚くほどです。

また、少し前まではお金を借りることはあまりほめられた行為ではないイメージがありました。消費者金融会社がイメージの向上に取り組み、愛らしいキャラクターなどを使った宣伝などにより、キャッシングが手軽で身近な印象になりつつあります。

融資を受けるには審査を通る必要があります。審査を通らなければ、お金は貸してもらえません。審査の基準や内容は会社によって異なりますが、初めての場合は意外と通ります。今まで利用経験がないならば、延滞や踏み倒しの前歴もないからです。他社借入件数の多い多重債務者でもありません。初めての人はその点で有利です。

しかし、借りやすさからズルズルとキャッシングを利用することは、あまりいいことではありません。最初の頃は注意をしていても、何度も利用しているうちに感覚が麻痺して気楽に借りすぎてしまうこともありますので、計画的に利用しましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式

借入金の利息の算出方法には、実質年率方式の他にアドオン方式というものがあります。

表示上の金利の数字が低いことや、利息が算出しやすいことから普及したものがアドオン方式で、アメリカから日本に入ってきました。アドオン方式は、現在はあまり見られることはありません。法律によって、実質年率での表示が義務づけられているからです。

実質年率
と異なり、借入金の最初の数字に対してのみ利息計算をするのがアドオン方式です。100万円をアドオン率20%で融資された場合、1年後の利息は20万円。100万円の20%で、わかりやすいです。そして、返済総額120万円を一年間で何回に分けて返済するかという回数で割って、分割時の返済額を出します。アドオン方式での利息計算、返済額計算はイメージしやすく理解しやすいものです。

実質年率の場合、同じ条件で返済を済ませた場合の返済の合計金額は約111万円。一見どちらも20%で似た条件に思えますが、アドオン方式の方が結果的に利子が高くなります。

返済の残りの金額に対して利息を計算するか、一貫して最初の金額に対して利息を計算するかで差が出るのです。注意しなければならない点として、アドオン方式での利率の表示は実質年率での表示より低く表示されるという点があります。見かけの年利が低くても実質年率とは大きな違いなので、キャッシング利用時には気をつけましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシング返済の実質年率とは

キャッシングを利用し返済する際につく割合を表す方法はいくつかありますが、実質年率もその一つです。

金融会社から100万円を実質年率10%として借り入れた場合、1年後に返済すべき利子は10万円です。借りた金額100万円と利息10万円を返済しなければならないので、この場合、最終的に返さなければならない金額は110万円ということになります。

キャッシングの利子日割り計算なので、多少ややこしくなります。そのため、月に一度のキャッシング返済をする場合は、元金を返すにつれて利子も小さくなります。100万円を借りた場合、半分まで借りたお金を返すことができれば、利息のつきかたも半分になり計算式が少しずつ変わっていきます。返済直後の利息より、返済が半分まで進んだ時の利息の方が少なくなるのは、借り入れ元金の額がより少ないからてです。

例えば、100万円を借りて1年で返却するとします。月に一度ずつ分割して返済するなら、実質年率20%でも返済総額は約111万円です。これが返済までの期間が2年(24回)なら、利子はおおむね22万円になります。

キャッシング返済実質年率が大体理解できたら、具体的な返済金額の計算はキャッシング会社に確認するかシミュレーションソフトなどを利用するといいでしょう。最終的な利息計算日割りなので、算出する時は365で割る必要があることを覚えておきましょう。返済にあたっては、返済日ごとに利息を算出して返済元金に加算し、次の返済日に同じ計算をしなおすという形が一般的です。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。