キャッシング申込み ナビ

ノーローンの無利息キャッシング

無利息キャッシングというものをご存知でしょうか。

最初に無利息キャッシングを始めたのはノーローンではなかったでしょうか。ノーローンという社名自体、利息の要らないローンという意味でしょうね。

勿論、ずっと利息不要というわけではありません。一定期間内に返済すれば無利息だということです。

便利なサービスですね。最近では、大手のプロミスなどでも無利息キャッシングを期間限定ですが、キャンペーン的にやっていることがあります。

無利息キャッシングの老舗とでもいうべきノーローンでは、初回の方は1か月無利息で、その後何度でも1週間なら無利息キャッシングができます。

つまり、ちょっとの期間だけ借りたいときにこのサービスは大変お得で便利なんですね。給料日の1週間前に急な出費が必要になった。。。。そんなとき、借りておいて、給料日に返済すれば無利息ですから、損しないですね。

とりあえずノーローンのカードだけでも作って持っていれば、何かの時に安心ですね。 

これが空っぽでは無意味です。>>> ブラックレーベルの財布

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車購入融資における審査

車を購入する際に融資を受けるためには、やはり審査があります。

カーローン商品を扱っている会社は3つに大別されます。消費者金融銀行自動車販売店です。どこから融資を受けるかによって審査内容や商品の特長に差が出ます。

利用するローンが銀行のものなら、どんな車を買う予定なのか、購入予定金額はいくらか等々の資料を出します。融資元が銀行ならば、買い入れる車の名義は自分のもののみです。銀行での融資は消費者金融自動車販売店での融資に比べ、比較的、金利が低くされているようです。

しかし、審査内容は年収、勤務形態、業種、他の借り入れ状況、居住形態、個人信用情報とされているようで、消費者金融自動車販売店での融資より審査が厳しいと言われています。

信販系キャッシング会社自動車販売店と提携しており、そこから融資を受けることもできます。信販系カーローン審査はあり、審査に必要な項目は銀行と同じですが、販売店との付き合い上、審査基準が少々緩くなるようです。とはいえ、信販会社でのカーローンは銀行よりも幾分高金利になってしまいまがちです。また、完済まで所有権は自分のものになりません。支払いが完了した時点で初めて所有権が自分名義になります。

消費者金融では、特に自動車購入用の融資は設けていないことが多く、自動車購入のためには、使用用途をこだわらないフリーローンと呼ばれる融資を受ける形になります。消費者金融で利用ができるローンは銀行系や信販系より金利は高めな反面、審査がゆるいという利点があります。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピードキャッシングの基礎知識

キャッシングについて調べているとスピードキャッシングという言葉によく行き当たりますが、どういう意味でしょうか。

銀行などの金融機関が、個人を対象に小口の融資を行うものがキャッシングです。無担保で保証人不要であり、使用目的は限定せず、借りる人の信用力で融資額が決められます。

これらのキャッシング商品は、消費者信用という形態と見なされます。あるいは、消費者金融という言葉の方がなじみがあるかもしれません。これは保証人も担保もないまま融資をする会社を表す言葉のようにも使われています。

キャッシングとは、正しくは消費者信用産業に分類される取引形態です。それでは、最近話題のスピードキャッシングとはなんでしょうか。顧客の信用力を知るために申し込み時には審査があるため、融資を受けるまでには時間がかかります。

ですが、最近では審査にかかる時間が驚くほど短いキャッシング会社が増えています。その日のうちに借入ができたり、審査が1秒で終了するといったものです。

即日融資可能なキャッシング
スピードキャッシングと言います。キャッシング会社は独自の審査ノウハウを作り、可能な限りの早さで審査を終え、その日のうちに融資を実現しています。

急に金銭を用意しなければならなくなった時でも、融資の申込みをすれば申込日にすぐ借入金を振り込んでもらえるスピードキャッシング商品が数多く出ています。少しでも早くお金を借り受けたい時、スピードキャッシングは有力な味方になってくれます。借入金の振り込みはカード発行前でも可能であるなど、早さに力点を置いているからです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングの長短

ちょっとしたお金が必要な時に短い間だけキャッシングを利用すると、利息がほとんどかかりません。

もし5日後の給料日までの生活費をキャッシングから補いたいと思うなら、5日後にはまとまったお金が入るため借入期間は5日間だけです。

一方、休日に銀行のATMを使うとそれなりに手数料が必要です。銀行の時間外ATM手数料キャッシングの利息を比較すると、少額の翌日返済程度なら利息は数円で済み、少ない費用で済ませることができるでしょう。

キャッシングのいいところは、借りたいお金が早く手に入ることもあります。借り入れ審査に時間がかからず、すぐに借りることができるので、急ぎの場合も安心です。キャッシングのデメリットとしては、借入額が少ないと金利手数料が高くなることです。気をつけなければならない点は、キャッシングは長期間の借り入れや高額融資では利息が高くなりやすいことです。

最近ではキャッシングもどんどん便利になっており、コンビニATMでの借り入れも可能です。しかし、返済不能な高額の借り入れをついついしてしまい、どうしてもお金が返せないという人も増えているようです。手軽にお金を借りたい人がキャッシングに集まってくる一方で、そういった人たちの弱みにつけ込んで利益を得る闇金融に高金利で貸し付けられる危険性も看過できません。低金利甘い審査といったうまい話に乗せられないように、用心に用心を重ねるべきでしょう。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単すぎるキャッシングの注意点

お金を簡単に返済するために、少しでも金利の低い消費者金融キャッシングを利用する方が得策です。ネット上では消費者金融会社の諸条件や金利を比較するためのサイトもあり、情報を入手しやすい環境にもなりつつあります。

一部のヤミ金融では、そういった『少しでも安い金利で利用したい』という消費者の思いを利用して商売を拡大しています。低金利の魅力満載のキャッシング広告で消費者を引き寄せたりもします。広告を見た人から連絡がもらえれば、あの手この手で高金利でお金を貸し付けようとするのです。中には、広告を出しておきながら自分たちとは全く関係のない金融会社を紹介し、仲介手数料だけを取ろうとします。

低金利商品、審査内容が甘く即日融資をセールスポイントにした金融商品は、パチンコ雑誌やアダルトの専門雑誌にしばしば掲載されます。しかし、少なすぎる金利の場合は特に注意する事が必要です。6%以下の無担保型キャッシングという超低金利の商品などは、並の営業努力で維持できるものではありません。その金融商品が地方銀行で扱っているものでもない限り、そうでないなら条件等に裏がないかで見直すべきでしょう。

低金利の理由として、広告でそれらしい理由をあげているところもありますが、申し込みの前にはしっかり吟味して確認しましょう。ヤミ金融かどうかは、金融庁のHPで登録業者の確認をすれば、該当会社が正規の消費者金融かどうか簡単に知ることができます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。