借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式 - キャッシング申込み ナビ

借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式

借入金の利息の算出方法には、実質年率方式の他にアドオン方式というものがあります。

表示上の金利の数字が低いことや、利息が算出しやすいことから普及したものがアドオン方式で、アメリカから日本に入ってきました。アドオン方式は、現在はあまり見られることはありません。法律によって、実質年率での表示が義務づけられているからです。

実質年率
と異なり、借入金の最初の数字に対してのみ利息計算をするのがアドオン方式です。100万円をアドオン率20%で融資された場合、1年後の利息は20万円。100万円の20%で、わかりやすいです。そして、返済総額120万円を一年間で何回に分けて返済するかという回数で割って、分割時の返済額を出します。アドオン方式での利息計算、返済額計算はイメージしやすく理解しやすいものです。

実質年率の場合、同じ条件で返済を済ませた場合の返済の合計金額は約111万円。一見どちらも20%で似た条件に思えますが、アドオン方式の方が結果的に利子が高くなります。

返済の残りの金額に対して利息を計算するか、一貫して最初の金額に対して利息を計算するかで差が出るのです。注意しなければならない点として、アドオン方式での利率の表示は実質年率での表示より低く表示されるという点があります。見かけの年利が低くても実質年率とは大きな違いなので、キャッシング利用時には気をつけましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。