キャッシング返済の実質年率とは - キャッシング申込み ナビ

キャッシング返済の実質年率とは

キャッシングを利用し返済する際につく割合を表す方法はいくつかありますが、実質年率もその一つです。

金融会社から100万円を実質年率10%として借り入れた場合、1年後に返済すべき利子は10万円です。借りた金額100万円と利息10万円を返済しなければならないので、この場合、最終的に返さなければならない金額は110万円ということになります。

キャッシングの利子日割り計算なので、多少ややこしくなります。そのため、月に一度のキャッシング返済をする場合は、元金を返すにつれて利子も小さくなります。100万円を借りた場合、半分まで借りたお金を返すことができれば、利息のつきかたも半分になり計算式が少しずつ変わっていきます。返済直後の利息より、返済が半分まで進んだ時の利息の方が少なくなるのは、借り入れ元金の額がより少ないからてです。

例えば、100万円を借りて1年で返却するとします。月に一度ずつ分割して返済するなら、実質年率20%でも返済総額は約111万円です。これが返済までの期間が2年(24回)なら、利子はおおむね22万円になります。

キャッシング返済実質年率が大体理解できたら、具体的な返済金額の計算はキャッシング会社に確認するかシミュレーションソフトなどを利用するといいでしょう。最終的な利息計算日割りなので、算出する時は365で割る必要があることを覚えておきましょう。返済にあたっては、返済日ごとに利息を算出して返済元金に加算し、次の返済日に同じ計算をしなおすという形が一般的です。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。