ローン審査のブラックリスト - キャッシング申込み ナビ

ローン審査のブラックリスト

絶対に審査に通らない人、というものがショッピングローンにはあります。つまりその人はどうあってもショッピングローンが使えないのです。

ショッピングローンの審査をパスするには、いわゆるブラックリストに載っていないことが絶対条件です。ブラックリストとは何でしょう。言葉から連想される一般的なイメージとは異なり、ブラックリストとは危険人物の名前がズラリと乗った黒い名簿などではありません。

これは、信用情報機関の記録の中に、ローンの返済が一定期間以上延滞している者として記録されている人のことを指す俗称のようなものです。通常の返済の遅れと一線を画した情報として、3ヶ月もしくは12ヶ月の延滞記録は残されます。正確には、これらの延滞記録は遅延情報、事故情報、移動情報などと呼ばれています。ここに情報が載ることをいわゆるブラック情報と呼び、ブラックリストととはこのことなのです。

ショッピングローンを利用しようと思ってもこのブラックリストに載っている場合はまず不可能だと考えてよいでしょう。信用情報機関に延滞情報が送られるのは、定められた期日より返済が3ヶ月以上オーバーした時です。1日2日遅れても、信販会社の記録に残ることはあっても信用情報機関に残るような事故情報にはなりません。一度事故情報がつくと、ショッピングローンだけでなく住宅ローンキャッシング融資などの審査も一切通らなくなります。この情報は、登録されてから最低でも5年間はついたままです。

ブラックリスト
の扱いは、返済を終わらせたとしても記録として残ります。一度延滞をしてしまうと、その後はローンやキャッシングの使用がほぼ無理になると考えていいでしょう。ブラックリスト入りする影響はかなり大きく、以後の消費生活に一切のローンが使えないのです。月々の収入と返済額のバランスが取れるよう、ショッピングローンを組む時はくれくれも気をつけなければなりません。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。