借入助長文言の広告への表記 - キャッシング申込み ナビ

借入助長文言の広告への表記

一般的に消費者金融は、銀行、銀行系ローンなどより借りやすいことは事実です。

そのため、リスクを補填する意味で、利率が高くなっています。

利息制限法が今後適用されるようになれば、審査が今以上に厳しくなることは間違いありません。

ネットの広告を見ると、激甘審査、ブラック可等の表記がよく見られますが、

貸金業協会では、自主規制基準により、このような借り入れを助長するような広告表記を自主規制しているようです。

したがって、貸金業協会に所属する消費者金融各社も、


例えば、次のような、借入れを助長するような文言の広告への記載は禁止しているようです。


当ブログでは、一切そのような文言は使用しておりません。

 <助長文言例>
  審査が甘い
  柔軟な審査
  ブラックでもOK
  他社借入○社まで
  債務一本化
  どこよりも簡単
  他店で断られた方
 等


ただし、借りる場合の順序としては、利率の低い順に、銀行、銀行系ローン、消費者金融の順番が適正であることは
申し上げねばなりません。

例えば、三井住友銀行ローンの審査に落ちると、アットローンを勧められ、アットローンの審査に落ちるとプロミスの審査を勧められますので、
利率の低い順に、審査も厳しくなることは事実です。(この3つは、同じ系列です。)

したがって、まずは銀行からお金を借りましょう。ダメな場合は、アットローンモビット、それに類するローン会社、それがダメなら、消費者金融となります。

◆情報満載の「人気blogランキング」はコチラ



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。