クレジットカード 審査に通りにくい人の特徴 - キャッシング申込み ナビ

クレジットカード 審査に通りにくい人の特徴

クレジットカードの審査基準は、各社で異なりますが、概ねこんな人は通りにくいというパターンはあります。

1つでも該当すると、はじかれる可能性がありますが、2つ該当しても通過する人もいます。たとえば、年収が1000万円以上あって、公的に証明できる人などは、勤続1年で契約社員であっても通過しないとは限りません。

  1.過去1年以内にクレジットカード発行審査に通らなかった経験がある

  2.契約社員で、まだ正社員ではない
  3.正社員だが勤続2年以内
  4.年収250万円未満
  5.5年以内に携帯電話・電気、・ガスの支払いを滞納したことがある
  6.過去1年間の給与明細や源泉徴収票などの収入証明が発行できない(個人事業主など)


あるクレジットカードの審査に落ちたからと、次々と別のクレジットカード会社の審査を受ける人がいますが、
受ければ受けるほど、通過する可能性がどんどん低くなります。

クレジットカード審査への申し込みの事実や落ちたという事実は、他のクレジットカード会社も知っているからです。
クレジットカード会社で、そういった情報は共有されています。

それでも、どうしてもクレジットカードが必要だという人は、楽天やスルガでデビットカードを作り、VISAやJCBを付帯させれば、クレジットカードが使えます。デビットカードは、預金の範囲内でしか使用できませんから、楽天銀行やスルガ銀行に預金しなければなりません。キャッシング機能というものもそもそも付帯していません。ただ、審査は本人証明程度なので、デビットカードは100%手に入ります。


お金が借りたい人、今お金はないけどすぐに買いたい物があるという人には、ローンカードを使う手もあります。


ローンカードの審査機関は、クレジットカードとは違うので、クレジットカードの審査で落ちた人も通過できる可能性が高いと言えます。

カードローンの利息も数年前のような年利29%とかの高利はなくなりました。法律で定められた通り、年利は18%未満で、クレジットカードのキャッシングと変わりません。



【プロミス】実質年率『6.3〜17.8%!』 
来店不要で即日回答!24時間申込OK!

クレジットカードのキャッシングカテゴリの最新記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
-  |  イオンカード入会キャンペーン… »


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。