「実質年率7.8%〜」の表記に注意 - キャッシング申込み ナビ

「実質年率7.8%〜」の表記に注意

一部の消費者金融などで、不親切な表記が目だちます。

「実質年率7.8%〜」という表記をみて、消費者ローンなのに7.8%って安いなあ、銀行とそんなに変わらないなあ、と思ってしまう方が、たまにいらっしゃいます。

ご注意ください。そういう場合は、融資最高限度額が300万円とかのはずです。融資最高限度額300万円の審査を通過した方のみ、その利率でお貸ししますよ、ということです。

他社借り入れがあったり、勤続年数が3年未満だったりすると、融資限度額が下げられます。融資限度額が低いと、それに反比例するように、利率も上がるのです。

例えば、オリエントコーポレーションの「オリコカード」の場合、

ご利用可能枠10万円30万円50万円100万円200万円300万円
実質年率25.0%18.0%12.0%7.8%


 

というように、商品説明に明示されています。


※注意 オリコカードの金利が変更になりました。

━【重要】キャッシング適用金利の変更━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.適用金利   【現行】 実質年率 7.8%〜25.0%
        【改定後】実質年率 7.8%〜18.0%

2.適用時期    2007年4月1日以降の新規ご利用分より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

利用可能枠(=融資限度額)100万円の審査に通らない場合は、50万円以下の利用枠となりますので、年率25%となり、通常の消費者金融で借りる場合とそれほど大差がありません。勘違いして飛びつかないように注意しましょう。 
 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。