三井住友銀行系ローンの審査 - キャッシング申込み ナビ

三井住友銀行系ローンの審査

消費者金融はどうも・・・と躊躇する人も、銀行系カードローンなら不安はないという人も多いでしょう。

木村佳乃のコマーシャルで有名な「三井住友銀行カードローン」はご存知ですか?

利息は最高でも12%程度で、クレジットカードのキャッシングが25%程度なのと比べてもかなり低い利率です。

しかし、ここは審査が比較的厳しいようです。

といっても、3年以上大手の企業に勤務していて、他社借り入れがなく、年収も400万程度以上なら、まず落ちることはないでしょう。

個人事業主で信用があまりないとか、他社借り入れがあったりすると、「残念ですが、・・・」という電話が恐らくかかってきそうです。


なぜ、ここの審査が厳しいかというと、三井住友系のローンは三層構造になって、リスクをうまく分散しているからです。

1.三井住友銀行カードローン
2.アトローン
3.プロミス

 1の審査で落ちた場合、2を薦められます。2の審査で落ちた場合、3を薦められます。
 

厳しいわけが分かりましたね。

上で落としても、下で受け止めるからです。リスクの高い人ほど、後者に回されます。

一方、利息は、1が12%,2が18%、3が25%です。

当然ですが、リスクを負っている分だけ、利息が高くなるのですね。

モビットとアトローンは、利息も限度額もほぼ同じで、名前が違うだけで、中身に大差がありません。しかし、先ほどの理由から、アトローンのほうが審査が厳しく、モビットのほうが大らかだという噂です。(噂ですので、実態がそうだとは保障できません)

他社借り入れがある場合は、モビットをお薦めします。

他社借り入れがない場合は、アトローンで契約するのが、良いのではないでしょうか。アトローンのあとにモビットを契約することも可能だからです。

勿論、借りたお金は返さなければなりませんから、たくさん借りればいいというわけではありません。収入を増やす努力をしなければ、借りたお金を返すことは日々難しくなっていきます。

お金は借りないのが一番いいのです。当たり前の話ですが。

  
◆情報満載の「人気blogランキング」はコチラ

銀行系ローンのキャッシングカテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。