クレジットカードの現金化は違法か? - キャッシング申込み ナビ

クレジットカードの現金化は違法か?

前回、クレジットカードには、ショッピング枠キャッシング枠があるということをお話しました。
クレジットカードをお持ちの方なら、どなたでもご存知かと思います。
ショッピング枠は残っているけど、キャッシング枠を使い切ってしまった。つまり、お買い物は出来るけど、現金が借りれない、という状況ですね。

こういう場合、最も安易な方法は、デジカメやパソコンなど流通しやすい商品を量販店で買ってきて、それを売って現金化する方法です。
ネットオークションなどを使えば、新品で10万円のものなら8万円程度なら確実に売れるでしょう。最悪質屋で買い取ってもらうことも可能ですが、購入価格の半分くらいになるかもしれません。

いずれにしても面倒なことは確かです。それで、その現金化を商売にしている企業があります。
例えば、アイエンスです。
この会社から、商品(この商品は、市場価格のない本か何かです)が送られてきますので、それを持ってきた宅急便にカード決済してもらいます。10万とか20万とかでですね。


すると、この会社が即日または後日、決済した金額の範囲内で、指定した口座に現金を振り込んでくれます。
現金化自体は違法ではありませんが、カード規約に反するので、クレジットカード会社が知った場合、契約解除される可能性があります。すべて自己責任となります。

しかも、カード決済した全額が振り込まれるわけではなく、手数料として、20%〜30%程度引かれた残額ですので、本当に困ったとき以外は利用しないほうがよいでしょう。
ひとつの選択肢として知っておいてもよいかなとは思います。

次回は、比較的金利が安い、といっても年利18%程度ですが、銀行系カードローンについてお話いたします。

債務・借金に関する情報収集は、ここをクリック


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © キャッシング申込み ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。